ノイズ波形生成ソフト”WaveGene”の使い方

フリーソフト
Image by StockSnap from Pixabay

「周りの音で作業に集中できない」と思ったことはありませんか?

そんなとき、規則的なノイズを聴きながら作業することで集中力の低下を軽減できるかもしれません。

この記事では、Windows用音声信号生成ソフト”WaveGene”を紹介しています。

ノイズの生成方法に絞った使い方のみを記している点をご了承ください。

スポンサーリンク

ダウンロードと解凍

こちらのページ(外部ページ)にアクセスしてページ下部にある”WG150.ZIP をダウンロード“と書かれたリンクをクリックし、ダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、フォルダーをPC内の任意の場所に解凍します。(詳しくは”お読みください”のテキストファイルをご参照ください)

フォルダの中の”WG.exe”がソフトウェアの本体です。ショートカットはデスクトップに手動で作成できます。

ノイズの鳴らし方

“WG.exe”を起動しWave1の波形(初期状態OFF)の項目をクリックし、お好みのノイズを選択します。

個人的にはピンクノイズが一番落ち着いた音で、M系列ノイズが周りの音を最も打ち消しているように感じました。

指定後、再生ボタンをクリックすることで、ノイズの生成が開始されます。

Wave2、Wave3などにも波形を指定することで、波形を重ねて出力することができます。

Waveファイルへ変換

WaveGeneでは設定した波形を、Waveファイルとして出力することができます。

秒数を指定した後、停止(ストップ)ボタン右の出力アイコンをクリックし、

任意の名前と場所を指定したら、保存をクリックして完了です。

以上です。最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました