【2020】アスファルト8スプリングアップデートまとめ

Asphalt8
Image by Free-Photos from Pixabay

3月も末になり4月が近づく中、アスファルト8に新たなアップデートがやってきました。

この記事では、スプリングアップデートの主要な点をまとめました。

ポイント
  • 報酬にマシンを含むスペシャルイベントが開催予定
  • 有効時間の異なる11種類のブースターの設定
  • マシンのアップグレードでの合成コインの使用が可能に
  • デイリーボーナスの廃止

記事内容は予告なく変更することがあります。

スポンサーリンク

概要

2020年スプリングアップデートは、2020年3月18日にAndroid、iOSプラットフォームに配信され、

同月24日にWindowsプラットフォームに配信されました。

バージョン番号は4.9.0、アスファルト8で39回目のアップデートです。

情報と変更点

スペシャルイベントの開催予定

Ferrari SF90 Stradale(開催済み)、Aspark Owl(開催済み)、Torino Design ATS Wild Twelveなどを報酬として含む、スペシャルイベントが開催予定です。

マシンの追加

今回のアップデートで以下のマシンが追加される予定です。

Aクラス

  • Ferrari SF90 Stradale(フェスティバル)

Sクラス

  • Aspark Owl(フェスティバル)

未定

  • Pininfarina Battista
  • Torino Design ATS Wild Twelve

デイリーボーナスの廃止

毎日1回、ゲームのログイン時に報酬がもらえるデイリーボーナスのシステムが廃止されました。

ブースターに関係する変更

種類の追加

ブースターが有効時間に分かれて、各11種類になりました。

使用条件

ブースターはプレイヤーがインターネットに接続している場合にのみ使用可能になりました。

アップデート前に獲得したタンクプラス

本アップデート前に獲得したタンクプラスは、アップデート後に元の所有数の2分の1に削減され、

8時間のタンクプラスに変化します。

最大貯蔵数

獲得したブースターの最大貯蔵数は、ニトロスターターとメカキットが100ユニット、

タンクプラスが200ユニットになりました。

レース前の広告ボタンの廃止

レース前のブースターの選択画面に表示されていた、ニトロスターターとメカキットの1レース分獲得用の広告ボタンが廃止されました。

合成コインの使用範囲拡大

合成コインがPROキットチューニングの際だけでなく、通常のアップグレードの際にも使用できるようになりました。

必要な合成コインのコストは、クレジットでのアップグレードの際と同じです。

また、トークンでのアップグレードは廃止されました。(トークンでのみアップグレード可能のマシンを除く)

新しいチューニングのシステムについては以下の表をご参考にどうぞ。

アップグレードPROキット
クレジット合成コインPROキットカード合成コイン

アイコンとローディング画面の変更

アプリのアイコンがLamborghini Centenario LP 770-4の描かれたものに変更されました。

また、起動時ローディング画面がFerrari SF90 Stradaleの描かれたものに変更されました。

各種ブースターのアイコンの変更

ダブルクレジット、ニトロスターター、メカキット、タンクプラスのアイコンのデザインが変更されました。

まとめ

今回のアップデートでは、主にブースターのシステムに手が入った印象でした。

また、デイリーボーナスの廃止も今回のアップデートのポイントだと感じます。

以上、アップデートから少し遅れてのまとめでしたが、記事がご参考になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

参考

https://asphalt.fandom.com/wiki/2020_Spring_Update

この記事の内容は、上記のページの情報を参考に作成されました。

ライセンス

参考元のサイト”FANDOM”の規約に基づき、この記事の内容をCC-BY-SAでライセンスします。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

お詫びと訂正

記事を誤ってCC BY-SA 3.0ではなく、CC BY-SA 4.0でライセンスしてしまっていましたことを、この場を借りてお詫びして訂正します。(2020/4/14)

コメント

タイトルとURLをコピーしました