【2019・12】アスファルト8ホリデーアップデートまとめ

Asphalt8
Image by S. Hermann & F. Richter from Pixabay

もうすぐクリスマスを迎え、大晦日も近くなってくる中、

アスファルト8にも2019年最後と思われるアップデートがやってきました。

この記事では、変更内容・追加内容をできるだけ詳細にまとめました。

要点
  • ウィンターフェスティバルが開催!
  • 計3台のマシン追加
  • 入手時点から最高性能のULTIMATEマシンの追加
  • PROキットアップグレード用の新しい通貨”合成コイン”の追加
  • Sクラスの設計図マシンに価格設定

記事内容は予告なく変更することがあります。

スポンサーリンク

情報と変更・追加点

施行日

ホリデーアップデート2019は、

2019年12月19日にiOS、Android、Windowsプラットフォームに施行されました。

バージョン番号は4.7.0です。

ウィンターフェスティバル

アップデートに伴いウィンターフェスティバルが開催されました。

開催期間は2週間です。

フェスティバル報酬には通常のフェスティバルでは1台のマシンが含まれていることがほとんどですが、

今回のフェスティバルでは、2台のマシンが報酬として組み込まれています。

報酬マシンはLotus Elise Cup 260、Koenigsegg Jeskoです。

マシンの追加

今回のアップデートで以下のマシンが追加されます。

Dクラス

  • Lotus Elise Cup 260(フェスティバル)

Aクラス

  • Italdesign Zerouno(フェスティバル)

Sクラス

  • Koenigsegg Jesko(フェスティバル、ULTIMATE)

追加マシンで使用するPROキットエンジンカード

  • KTM X-Bow GT4 – i4エンジン<40枚>
  • Lotus Elise Cup 260 – 車種専用キットカード<220枚>
  • Italdesign Zerouno – 車種専用キットカード<220枚>

新しい通貨の追加

新しい通貨”合成コイン“が追加されました。

アップデート前の合成ポイント(キットカードの売却で手に入ったポイント)は合成コインに変換されます。

また、このコインは余分なカードを合成することで手に入り、PROキットでのチューニング、通常のアップグレードの際に使用できます。

アップグレードシステムの変更

新しいアップグレードシステムは以下の通りです。

PROキットチューニングで合成コインが必要になった点がポイントです。

追記:スプリングアップデート2020より、トークンでのアップグレード(MAX)は一部を除いて廃止され、代わりに合成コインが使用可能となりました。

アップグレード(MAX)PROキットチューニング(PRO)
クレジットもしくはトークン合成コインPROキットカード合成コイン

PROキットカードの購入

PROキットチューニングの際、不足しているPROキットカードがある場合は不足分のカードの購入するオプションが表示されます。

しかし、フェスティバルで入手したマシンは対象外です。

デュアル購入価格の廃止

一部のマシンでのトークンまたはクレジットのどちらでもマシンを購入できるシステムが廃止されました。

今後、対象のマシンはクレジットかトークンのみの購入に統一されます。

いくつかの設計図マシンに価格設定

以下の設計図で入手可能だったマシンに価格が設定され、設計図による入手ができなくなりました。

該当マシンの設計図をお持ちの場合は割引が適用できます。

該当マシンは以下の通りです。

  • Arrinera Hussarya GT
  • Ferrari Enzo Ferrari
  • GT by CITROEN
  • Lamborghini Aventador LP 750-4 SV
  • Lamborghini Egoista
  • Lamborghini Huracán
  • McLaren F1 XP-5
  • Mercedes-Benz SLR McLaren 722 Edition
  • Mosler Super GT
  • Pagani Huayra BC
  • Peugeot Onyx
  • Porsche 918 Spyder with Weissach Package
  • Suzuki Hayabusa
  • W Motors Fenyr Supersport

一部マシンの性能調整

次のマシンの速度変更が取り消されました。

  • 2015 GTA Spano
  • 9FF GT9 VMAX
  • Arash AF10
  • Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport Vitesse
  • Chrysler ME412
  • Devel Sixteen Prototype
  • Ferrari Enzo Ferrari
  • Ferrari FXX Evoluzione
  • GTA Spano
  • Hennessey Venom GT
  • Koenigsegg Agera R
  • Koenigsegg One:1
  • Lamborghini Egoista
  • McLaren F1 XP-5
  • McLaren P1™ GTR
  • Mercedes-Benz Silver Lightning
  • Mosler Land Shark
  • Mosler Super GT
  • Pagani Huayra
  • Peugeot Onyx
  • RUF CTR 3
  • SSC Tuatara
  • SSC Ultimate Aero XT
  • TRION NEMESIS
  • W Motors Fenyr SuperSport
  • W Motors Lykan HyperSport
  • Weber Faster One

ULTIMATEマシンの追加

入手時点からすでに最大性能になっているため、

アップグレードの必要がないULTIMATEマシンが追加されました。

該当マシン

  • Koenigsegg Jesko
  • Koenigsegg Agera R
  • Arash AF10
  • Henessey Venom GT
  • SSC Tuatara
  • SSC Ultimate Aero XT

偽の表示速度の削除

これまでいくつかのマシンでは、表示される速度が正しくありませんでしたが、

このアップデートでこれが修正されます。

アイコン変更

アプリアイコンがKoenigsegg Jeskoの描かれたアイコンに変更されました。

スタート時のロード画面の変更

アスファルト8を起動した際に表示されるロード画面が、Koenigsegg Jeskoが描かれたものに変更されました。

まとめ

年末ということもあって(?)大規模な変更・追加が行われたのでしょうか。

個人的には、特に起動時ロード画面の変更に驚きました。

今回も設計図マシンの廃止があったり、新通貨が追加されたりとアスファルト8にも変革期が訪れていることを感じました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

間違い、質問などありましたらコメント欄にお寄せいただければできる範囲でですが対応させていただきます。

参考

この記事の内容は、

https://asphalt.fandom.com/wiki/2019_Holiday_Update_(Patch_Notes)

https://asphalt.fandom.com/wiki/2019_Holiday_Update

上記URLの内容を参考に作成しました。

ライセンス

参考元のサイト”FANDOM”の規約に基づき、この記事の内容をCC-BY-SAでライセンスします。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

お詫びと訂正

記事を誤ってCC BY-SA 3.0ではなく、CC BY-SA 4.0でライセンスしてしまっていましたことを、この場を借りてお詫びして訂正します。(2020/4/14)

コメント

タイトルとURLをコピーしました