セキュリティソフトの第三者評価機関4選。

セキュリティ対策

インターネットとコンピューターなしでは成り立たないとも言えるまでに

社会に食い込んでいるコンピュータとそのネットワーク。

そのコンピュータを攻撃して情報を盗んだり破壊しようと企てるクラッカーも

多く、リアルタイムで世界中で起きている攻撃状況が分かるサイトまであるほどです。

そんな攻撃を防ぐために作られているのがおなじみセキュリティソフト。

しかし製品の数が多く、どの製品もそれぞれ優位性をアピールしているので、違いは分かりづらいかもしれません。

そこで第三者評価機関の出番です。

独立した評価機関がセキュリティソフトの性能を客観的に評価し、その評価は公表されます。

総合評価から細かい項目の評価まで幅広く記述している機関もあり、

セキュリティソフトを選ぶ際に大きな助けになるはずです。

スポンサーリンク

評価機関(サイト)3選

ここからは世界に存在する代表的な評価機関の一部を紹介します。

有料セキュリティソフトの箱に認証マークとして載っている機関もあります。

1.AV-TEST (ドイツ連邦共和国*)

URL: https://www.av-test.org/en/ (英語、外部ページ)

評価機関の中でも有名な機関*2の一つで、ドイツのマクデブルクに拠点を置いています。

評価は各項目6点満点で、特に優秀なソフトには”TOP PROCUCT”マークが付与されます。

評価は公式ウェブサイト上で閲覧が可能です。

Windowsのセキュリティソフトのテストは2月、4月、6月、8月、10月、12月に、

また、AndroidはWindowsの間の月に、MacOSは6月と12月に行われるようです。

2.AV-Comparatives (オーストリア共和国*)

URL: https://www.av-comparatives.org/ (英語、外部ページ)

AV-TESTと並ぶ有名な機関*2でオーストリアに拠点を置きます。

テスト項目は、Windowsの場合

・侵入阻止テスト

・パフォーマンステスト

・フィッシング対策テスト

・マルウェア対策テスト

・誤検知テスト

・除去能力テスト

・ペアレンタルコントロールテスト

の7つで、Android、MacOSのテストは総合評価レポートの単項目です。

テスト間隔は不明です。評価は公式ウェブサイト上で閲覧が可能です。

3.Virus Bulletin(イギリス*)

URL: https://www.virusbulletin.com/ (英語、外部ページ)

Virus Bulletinはイギリスに拠点を置くセキュリティ雑誌です。*

雑誌ですが、マルウェア対策製品(セキュリティソフト)の評価をしており、

評価は公式ウェブサイト上で閲覧が可能です。

評価結果が優秀だった製品にはVB100賞が授与されます。

4.MRG-Effitas

URL:https://www.mrg-effitas.com/(英語、外部ページ)

MRG-Effitasはイギリス*3に拠点を置くITセキュリティ研究機関です。

評価は公式ウェブサイト上で閲覧が可能です。

1年に4回、360°評価テストが行われるようです。

まとめ

今回紹介した評価機関はすべて日本語のサイトではないので

とっつきにくく感じるかもしれませんが、簡単な英単語だけ読んでも

大まかな評価は確認できると思います。

これらの評価を活用してセキュリティ製品を選ぶといいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

質問などありましたら、お気軽にコメント欄までお寄せください。

※*の情報は英語版Wikipediaを参照しています。

*2:こちらのページの情報より、AV-TEST、AV-Comparativesは各大陸での知名度が2位以上であったことから、特に有名な機関であると判断しました。

*3:公式サイトに記載されている電話番号の国コードより。

コメント

タイトルとURLをコピーしました