Windowsのまぶしい画面を暗く!「如意スクリーン」

Windows

パソコンを使うと画面を長い時間近くで見るので、明るさが気になります。

ノートパソコンやタブレットの場合はWindows上で画面の明るさが下げられるので、

それぞれの機種での明るさの差は少ないと思われますが、

デスクトップのパソコンだと、画面の明るさをWindowsから変更できない上、画面の機種によって明るさのばらつきが大きいです。

もしディスプレイの明るさの最小でもまぶしいとき、そのまま使うのは目にも優しくありません。

そんなとき画面を暗くできるソフトがあります。

この記事では「如意スクリーン」をご紹介します。

如意は”思い通りになる”という意味のようです。

スポンサーリンク

ダウンロードと設定

ダウンロード

以下のリンク先からダウンロードできます。

http://soft.edolfzoku.com/nyoi/download.html(外部ページ)

Version 1.04 安定版の右のリンクをクリックすると、ダウンロードできます。

ファイルの解凍に7-Zipなどの解凍ソフトが必要なので、まだ導入していない方はダウンロードをおすすめします。

7-Zip

7-Zipはこちらのリンクからダウンロードできます。(外部ページ)

7-Zip

パソコンが32ビット(メモリが2GB以下)の場合は黒枠の中の上のリンクを

64ビット(メモリが3GB以上)の場合は下のリンクをクリックし、

ダウンロードして実行した後、”Install”をクリックするとインストールできます。

 

解凍と設定

※以下は7-Zipを使用した場合の解凍方法です。

ダウンロードしたら保存先のフォルダを開き、ファイル名上を右クリックして、メニュー内の項目から7-Zipを選択しお好きな場所に展開してください。

展開後、展開先のフォルダを開くと、”NyoiScreen”と書かれたフォルダが作成されてあるはずです。

※”readme”を読んでからの利用をおすすめします。

その中のNyoiScreen(.exe)が本体です。

起動させると、タスクバーに赤い斜め棒のアイコンが出てきます。

アイコンをクリックすると如意スクリーンを一時停止・再開できます。

また、キーボードショートカットとして Ctrl+Alt+Pauseで一時停止と再開も可能です。

他にも、Windowsキー+↑・↓キーで濃さの調整ができるようですが、

Windows10だとエアロスナップ機能があるためか使えませんでした。(おそらくVista/7/8/8.1も同様)

設定

タスクバーのアイコンを右クリックし設定をクリックすると、

このような設定画面が表示されると思います。

色の設定は画面に重ねる色で、黒だと明るさが減りますが

オレンジなどの暖色に設定すれば、ブルーライトフィルターの代わりにもできます。

色の強さはその名の通りです。

設定色が黒の場合はどれだけ暗くするかの調節になります。

最大にした場合、画面がその色一色になってしまうので注意です。

もし最大にしてOKを押してしまった場合は適用されない場面の特性を使い、

Windowsキーでスタートメニューを開き、タスクバーのアイコンから如意スクリーンを一時停止してください。

起動時に実行したいとき

起動時に如意スクリーンを実行させたい場合は、

“Nyoiscreen”の本体があるフォルダを開き、

“Nyoiscreen.exe”を右クリックでショートカットを作成します。

次にWindowsキーとRキーを同時押しし、表示されたウィンドウに

shell:startup“と入力し、OKを押します。

するとエクスプローラーが起動するので、その中に

先ほど作った”Nyoiscreen”のショートカットを移動して完了です。

デスクトップから起動させたいとき

“Nyoiscreen”の本体があるフォルダを開き、”NyoiScreen(.exe)”を右クリックして、ショートカットの作成をクリックします。

作成したショートカットをデスクトップに移動させれば完了です。

適用されない場面

便利なソフトですが、フィルターが適用されない場面もあるので注意してください。

以下は私の環境で確認したフィルターが適用されない場面です。

  • スタートメニューを表示させるとタスクバーとスタートメニューにはフィルターが適用されない。
  • ゲームの全画面表示ではフィルターが適用されない。

まとめ

如意スクリーンは古いソフトですが、Windows10のような新しいOSでも動作可能で

設定も非常にシンプルなので迷うことが少ないはずです。

画面を暗くできるソフトは少ないので貴重なソフトだと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました