【マイクラBE】particleコマンドの書き方とおすすめパーティクル

Minecraft
引用:Minecraft

この記事では、Minecraft Bedrock Editionのプレイヤーで、

「particleコマンドの使い方を知りたい」

「爆発の演出をしたいけど、地形破壊はしたくない…」

「自分の頭上にハートの効果をつけたい」

「おすすめのパーティクルが知りたい」

といった方向けに、Minecraft Bedrock Edition (1.16.221)における、

particleコマンドの使い方とおすすめのパーティクルを紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

particleコマンドの書き方(構文)

まず初めに、particleコマンドの書き方からご紹介します。

particleコマンドは、以下のような形で記述します。

/particle パーティクル名 パーティクルを発生させる座標

「パーティクル名」と「パーティクルの発生座標」の部分は、適切な文字列に置き換えてから実行します。

コマンドの各部分についての説明は以下の通りです。

  • パーティクル名:”minecraft:”で始まるパーティクル名
  • パーティクルを発生させる座標:X・Y・Z座標をそれぞれ半角スペースで区切って入力します。
    • X・Y・Z座標は、それぞれ、コマンドの実行者の現在の座標(相対座標)を表す、~に置き換えることができます。
    • ~2や、~+2のように、~の後に正の値を付け加えると、送信者の現在の座標と、その正の値が足された座標にパーティクルが発生します。なお、負の値の場合は、現在の座標から、その負の値を引いた座標にパーティクルが発生します。
    • 自分の頭上にパーティクルを発生させたいときは、~2を使用します。

コマンドブロックから自分にパーティクルを発生させる

自分のチャット欄ではなく、コマンドブロックから、自分の座標にパーティクルを発生させたいときは、以下のコマンドを使用します。

executeコマンドは、エンティティ(ここではプレイヤー)に代わってコマンドを実行するものです。

/execute 自分のプレイヤー名 ~ ~ ~ particle パーティクル名 パーティクルを発生させる座標

「パーティクルを発生させる座標」は、相対座標を表す~か、~を基にした数値に置き替えます。

なお、自分のプレイヤー名に続く、”~ ~ ~”は、自分(ターゲット)からの相対的な位置を表しています。

上記のコマンドを実行すると、「’particle’ を プレイヤー名 として実行できませんでした」

とのエラー文が表示される場合がありますが、バージョン1.16時点では、コマンド自体は実行されているようです。

おすすめのパーティクル

以下では、使用できるパーティクルの中から、私がおすすめしたいものを紹介しています。

爆発パーティクル

引用:Minecraft

大きな爆発のパーティクルです。地形破壊・ダメージを伴わないので、視覚的な爆発効果のみが得られます。

パーティクル名は下記の通りです。

minecraft:huge_explosion_emitter

すぐに使ってみたい方は、こちらのコードをコピーの上、チャット欄やコマンドブロックに貼り付け(Ctrl+V)て実行することで、自分やコマンドブロックを中心とした爆発パーティクルをご覧いただけます。

/particle minecraft:huge_explosion_emitter ~ ~ ~

煙パーティクル

引用:Minecraft

弾けるような大きな煙のパーティクルです。こちらも爆発や、着地の演出にも使えそうです。

パーティクル名は以下の通りです。

minecraft:knockback_roar_particle

すぐに実行してみたい方は、こちらのコードをご利用ください。

/particle minecraft:knockback_roar_particle ~ ~ ~

ハートパーティクル

引用:Minecraft

動物の繁殖時などに表示されるハートのパーティクルです。

プレイヤーの感情の演出に使えそうな印象です。

ただ、ほぼ一瞬しか表示されない点に、注意が必要です。

minecraft:heart_particle

すぐに実行してみたい方は、こちらのコードをご利用ください。(頭上に表示されます)

/particle minecraft:heart_particle ~ ~2 ~

記事は以上です。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ご不明点などがございましたら、お気軽にコメント欄までお寄せくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました