【FreeCAD】画像ファイルからスケッチを作成する

FreeCAD

この記事では、FreeCADで画像ファイルからスケッチを作成する手順を解説しています。

ご活用していただければ幸いです。

スポンサーリンク

準備

まず、FreeCADで画像をインポートするには、画像の形式がSVGファイルである必要があります。

また、できるだけシンプルな輪郭だとエラーが発生しにくいようです。

使用したいファイルが、JPEGやPNGなどの形式の場合は、オンライン変換サイトやInkspaceなどのフリーソフトなどでSVGに変換します。

変換サイトやソフトウェアの使用は自己責任でお願いします。

画像をインポート

新規ファイルを作成し、 Draft(ワークベンチ)アイコン Draft (ドラフトワークベンチ)に切り替えます。

ファイル(F)をクリックして、インポートをクリックします。

エクスプローラが開くので、使用したいSVGファイルを選択します。

次に、下のようなウィンドウが出るので、”SVG as geometry(importSVG)”を選択して”選択”をクリックします。

SVGの開き方を指定するウィンドウ

正常にインポートされると下のように形状が表示されます。

インポート成功時の写真

なにも表示されない場合、下部のバーにエラーが表示されていないか確認して

違う画像を試してみてください。

スケッチへ変換

コンボビューのタブを「モデル」に切り替えます。

スケッチにしたい “Path”(画像をインポートしてできた項目)を選択し、上部バー内のスケッチャーアイテムコンバータをクリックします。

問題なければ、コンボビューのモデルタブにSketchが作成されているはずです。

開いてみると画像の輪郭が確認できると思います。

不要であれば“Path”は削除して構いません。

これで完了です。おつかれさまでした。

参考

FreeCADフォーラムスレッド(英語、外部ページ):https://forum.freecadweb.org/viewtopic.php?t=2711

引用

この記事内で使用したアイコンは、以下のFreeCAD公式ドキュメント内のものを使用しています。

https://www.freecadweb.org/wiki/index.php?title=Artwork

コメント

タイトルとURLをコピーしました