【Bountiful】「ほぼ完全」日本語化ファイル配布

Minecraft

Minecraft Java Edition 1.12.2向けに、作業報酬mod”Bountiful”の「ほぼ完全」日本語化ファイルを製作したので、このページにて配布させていただきます。

至らない点があるかもしれませんが、必要な方は使っていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

ダウンロード

下の”ダウンロード”ボタンからダウンロードできます。

※二次配布は禁止です。 Redistribution prohibited.

以下の日本語化ファイルは、Bountiful-2.2.2の英語のlangファイルを基に製作しました。

Bountiful-2.2.2向けの日本語化ファイル公開。(2020/07/12)

ライセンス

Bountiful本体のライセンスに基づき、日本語化ファイルをGNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSEでライセンスします。

ライセンス原文(外部ページ、英語)

ライセンス日本語訳版(外部ページ)

導入手順

日本語化ファイルの導入には7-Zip等の解凍ソフトが必要です。以下のボタンからダウンロードページ(外部ページ)に移動できます。

7-Zip

Windowsの場合はページの上のリンクから自分のPCのbit数(Windowsキー+Pauseキーから確認可能)に合ったファイルを選んでダウンロードします。

以下、Windows10の環境で7-Zipを使った導入手順を説明します。

modsフォルダーを開く

エクスプローラーでMinecraftのmodsフォルダーを開きます。

Windows10で、デフォルトの設定の場合、modsフォルダーの場所は C:\Users\ユーザー名\Appdata\Roaming\.minecraft\mods です。

上部アドレスバーのユーザー名以降の表示が、上の画像のようになれば成功です。

mod本体を右クリックして7-Zipで開く

次に、modsフォルダー内にあるBountifulのJarファイルを探して、“ファイル名の部分を右クリック”“7-Zip”“開く”の順に操作します。

langフォルダーを開く

7-ZipでBountifulのJarファイルを開いたら、“assets”→”bountiful”→”lang”の順にフォルダーを開きます。

日本語化ファイルの展開

上の手順まで完了したら、7-Zipのウィンドウはそのままにして、このページでダウンロードした日本語化ファイルを展開(解凍)します。

展開はエクスプローラーから、ダウンロードした日本語化ファイル(zipファイル)の入っている場所を開き、

“日本語化ファイルの名前の部分を右クリック”→”すべて展開”

または、

“日本語化ファイルの名前の部分を右クリック”→”7-Zip”→”展開”“ここに展開”で行います。

展開の際、展開されたファイルが直接、展開先のフォルダー内に配置される場合があるので、ご注意ください。

展開用のフォルダーの作成をお勧めします。

langファイルの配置

以上の手順で、展開して出力された2つのファイルのうち、”ja_jp.lang”を7-Zipのウィンドウにドラッグ&ドロップ*します。

*マウスを左ボタンを押しながら移動させ、目的の場所で左ボタンから指を離すこと。

7-Zipのウィンドウの下の白い範囲の辺りでドロップします。

“本当にファイルをアーカイブに追加しますか?”と表示されますが、はい(Y)をクリックします。

完了

以上で、日本語化ファイルの導入手順は完了となります。おつかれさまでした。

作業に使ったウィンドウ(エクスプローラー、7-Zip)は閉じても問題ありません。

記事は以上です。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

日本語化ファイルへのご提案や、手順に関してご不明点などがあれば、コメント欄までお寄せください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました