【マイクラ】1.12.2対応の作業自動化mod”Progressive Automation”

Minecraft
引用:Minecraft

この記事では、

「1.12.2でシンプルな作業の自動化modが欲しい」

「1.12.2で採掘や植樹などの作業を自動化させたい」

といった方におすすめの”Progressive Automation”modを紹介しています。

スポンサーリンク

ダウンロード

前提modはForgeです。

Mod本体は以下のリンク先からダウンロードできます。※リンク先は外部のページです。

リンク先のページの、Recent Filesの見出しの下にある”Minecraft 1.12″と書かれた部分の、下のボックスにあるダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできます。

導入するには、ダウンロードしたmodを、modsフォルダーに移動してMinecraftを起動します。

「ほぼ完全」日本語化ファイル

拙作ですが、「ほぼ完全」日本語化ファイルを製作しました。必要な方は使っていただけると嬉しいです。

使い方

以下の解説は参考程度にご覧ください。以下では、使用方法の把握できているブロックのみを解説しています。

また、それぞれの機械は、木、石、鉄、ダイヤモンドといったタイプによって、必要な道具が異なります。

例:Wooden Planter→木のクワが必要

アップグレードの保持

以下で解説する機械には、機械に対して使用することで、機械の能力を向上させることができる、アップグレードが適用可能なものがあります。

しかし、アップグレードを適用させた機械をPA Wrench(PA レンチ)を使わずに破壊すると、アップグレードがドロップした機械に保持されません

アップグレードを保持させたまま機械をドロップさせるには、PA Wrench(PA レンチ)を持ちながらしゃがみ、機械に対して右クリックします。

自動耕作機

名前が”Planter”で終わるブロックが自動耕作機です。

この機械は、機械の上にある土・草ブロックを耕し、種を自動で植えて、成長後に収穫してくれます。

引用:Minecraft

この機械を作動させるには、作物の種と燃料、クワが必要です。

引用:Minecraft

また、デフォルトでは機械は真上のブロックのみを耕しますが、”Wooden Upgrade”などの機械の素材に合ったアップグレードを、

クワの右隣のスロットにはめ込むことで、耕作の範囲を1ブロック単位で広げることが出来ます。

右側の9つのスロットには収穫された作物や、予備の燃料、予備の種などを入れることが出来ます。

自動植樹伐採機

名前が”Chopper”で終わるブロックが自動で植樹と伐採を行う機械です。

この機械は隣接する土・草ブロックに苗木を植え、成長後に伐採してアイテムを回収します。

引用:Minecraft

この機械を作動させるには、苗木と燃料、斧が必要です。

引用:Minecraft

また、この機械はデフォルトでは床に隣接する1ブロックにのみ植樹を行いますが、

“Wooden Upgrade”などの機械の素材に合ったアップグレードを、斧の右隣のスロットにはめ込むことで、1ブロック単位で植樹の範囲を広げることが出来ます。

右側の9つのスロットには収穫されたアイテムや、予備の燃料、予備の苗木などを入れることが出来ます。

自動採掘機

名前が”Miner”で終わるブロックが採掘機です。

この機械は下にあるブロックを丸石に置き替えながら、採掘を行います。

引用:Minecraft

この機械を作動させるには、ツルハシとシャベル、燃料が必要です。

引用:Minecraft

また、この機械はデフォルトでは機械の真下のブロックのみを掘り進めますが、

“Wooden Upgrade”などの機械の素材に合ったアップグレードを、シャベルの右隣のスロットにはめ込むことで、1ブロック単位で採掘の範囲を横に広げることが出来ます。

右側の9つのスロットには採掘されたアイテムや、予備の燃料、予備の丸石などを入れることが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました