【WordPress】All In One SEO 4.0をダウングレードした話

Wordpress
引用:https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/advanced/

この記事では、

「WordPressのAll In One SEOを更新したら、投稿一覧ページが使いにくくなっていた」

「Cocoon環境でAll In One SEOを更新したら、インディクスページの記事の説明文が、自動生成のものに変わってしまっていた」

「All In One SEOを更新したけど、自分には合わない」

といった方向けに、All In One SEOをダウングレード(バージョンを下げる)手順を解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

更新で影響があった点

12/21にAll In One SEOの更新通知があったので、4.0へアップデートしたところ、以下の点に変化(不具合)が発生しました。ご参考までに。

  • インディクス(トップ)ページの記事へリンクの説明文が、自動生成文に変更された
  • 記事作成ページ下の、キーワード入力欄の位置が複雑になった
  • 管理画面の記事一覧ページのキーワード入力欄がなくなった
  • All In One SEOの設定画面が旧バージョンと比較して複雑になった

ダウングレード

プラグインの導入およびダウングレードは自己責任であることをご了承ください。

ダウングレード(ロールバック)の際は、事前の(データベース等の)バックアップをおすすめします。

この手順で、ほぼ旧バージョン(3.7.1)時点の状態に復元されることを確認していますが、言語の一部が英語で表示される場合があります

プラグインのダウンロード

今回は、ダウングレードにプラグイン”WP Rollback“を使用します。

このプラグインは、管理画面のプラグインタブより”新規追加”をクリックし、表示されたページの検索欄で、”WP Rollback”と入力すると見つけることができると思います。

ZIPファイルから導入したい場合は、こちらのリンク先(外部ページ)からダウンロードできます。

管理画面の”プラグイン”にカーソルを合わせ、新規追加をクリックします。
WordPressのロゴに矢印が巻き付いているアイコンです。

“今すぐインストール”ボタンをクリックし、しばらくして表示される有効化をクリックすることで、プラグインの導入は完了です。

ダウングレード

まず、管理画面のプラグインタブより、”インストール済みプラグイン”をクリックします。

次に、表示されたプラグインの一覧より、”All In One SEO”を探して、その枠内に表示されている”Rollback“をクリックします。

ページが移動されましたら、バージョンの項目の中から3.7.1を選択し、管理画面左下のRollbackをクリックします。

しばらく待って、”プラグインの更新に成功しました。”と書かれたページが表示されましたらダウングレード完了です。

ダウングレード後は、誤って再度プラグインを更新しないようご注意ください。

記事は以上です。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

  1. なな より:

    めっちゃくちゃ助かりました!
    アップグレードしてからものすごく複雑で変なことになてしまっていたので。
    ありがとうございました!!!

    • muraleap. より:

      ななさん、初めまして。コメントありがとうございます。

      今回のAll In One SEOのアップデートはかなり大きな変更があったので、驚きましたね。
      まだまだ稚拙な文章ですが、記事がお役に立てたようで、とても嬉しいです。
      記事について質問や改良点がありましたら、ご遠慮なくお申し付けください。

      最後になりますが、良い年の瀬をお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました