【Jetpack】どっちが本物?閲覧数の差【Cocoon】

graphic-g57b93d615_1280 Wordpress
Image by janjf93 from Pixabay

サイト運営者の方であれば、閲覧数(PV)の重要性はご存知の通りです。

複数の統計ツールを使用しているとき、ツールごとの値に差が出てしまうと、

実際に即しているのはどちらなのか判断に迷います。

この記事では、

WordPress.com(Jetpack)と、Wordpressテーマ「Cocoon」のPV統計の差が出る条件と、

その理由について、解説しています。

いつ差が起こるのか

結論から申し上げると、WordPress.com(Jetpack)側のPV統計は、

システム上、次のような環境下で、統計値にカウント漏れが発生する場合があります。

  1. 訪問者が広告ブロッカーを使用している場合
  2. 訪問者がJavascriptを無効化している場合

Cocoon側の統計では、1,2とも影響は確認しておりません。

以下では、なぜ差が起こるのかについて、詳細を解説しています。

統計の仕組み

ここからは、両PV統計ツールの仕組みについて、少し掘り下げて解説していきます。

なお、以下の2つは、同一ユーザーによる再読み込みも統計の対象としています。

WordPress.com

Wordpress.comの統計値イメージ
WordPress.comの統計値イメージ

WordPress.comのPV統計は、先述の通り、Javascript形式のコードを使って統計を行っています。

このJavascript形式の統計コードの発信元である「stats.wp.com」は、

一部の広告ブロッカーでトラッカー(追跡者)として認識されており、ブロックされる場合があります。[1]

この場合、そのアクセスは統計値にカウントされません[2]

なお、Google アナリティクスもWordpress.comと同様に、Javascriptを使用した統計を行っています。

Cocoon

Cocoonの統計値表示イメージ
Cocoonの統計値イメージ

CocoonのPV統計は、主にサイトのデザインに使われるCSS形式のコードと、

PHP形式のコードを使用して統計を行っています。[3]

こちらは、Javascriptが無効になる環境下からのアクセスも統計対象にできます

まとめ

この記事では、Wordpress.com(Jetpack)と、CocoonのPV統計値に差が出る理由について解説しました。

要点は以下の通りです。

  • WordPress.comの統計値は、広告ブロッカーのために少なめに出やすい
  • Cocoonの統計値は、より近い値が出やすい

しかし、Wordpress.comの統計値は、アカウントと紐づけられているため、

紛失する恐れが少ないことがメリットです。

以上、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ご質問・ご指摘等がございましたら、お気軽にコメント欄までお寄せくださいませ。

参考

以下はすべて、外部ページとなっています。

[1] https://www.whotracks.me/trackers/jetpack.html

[2] https://wordpress.org/support/topic/js-file-from-stats-wp-com/

[3] https://github.com/yhira/cocoon/blob/4f14efcb03726ff84937a48e6171b24f2b9b41fc/tmp/css-custom.php#L406

コメント

タイトルとURLをコピーしました