3つ以上の数から最大公約数を自動で求める

roman-skrypnyk-DEga33BYvmA-unsplash Tips
Photo by Roman Skrypnyk on Unsplash

「ネット上で、3つ以上の数の最大公約数を、一行の短い式で求める。」

こんなことが可能なら、そのやり方に興味はありませんか?

ここでは、3ステップで順を追って、

3つ以上の数から、最大公約数を求める手順を説明しています。

3つ以上の数の最大公約数の調べ方

Wolfram|Alphaにアクセス

計算サイトWolfram|Alpha(外部ページ)にアクセスします。

wolfram-alpha-home

数式の入力

以下の形式に沿って、半角で数式を記入します。

GCD(数1, 数2…)

  • GCDは小文字でもOKです。
  • 数と数の間にはコンマを挟みます。
  • 括弧は角括弧や、半角スペースでも問題ありません。

入力したら、Enterキーを押すか、=ボタンをクリックすると、計算が開始されます。

例えば、20と40の最大公約数を求めたいときは、

GCD(20, 40)や、gcd 20,40

と入力します。

豆知識

GCDは、最大公約数の英語における略称です。

→Greatest Common Divisor

完了!

手順はこれで完了です。

計算結果のページの、「結果」の欄に表示された値が、

入力した数から求められた最大公約数です。

まとめ

この記事では、3つ以上の数の最大公約数の求め方を説明しました。

ポイントは以下の通りです。

今回の記事のポイント

  • Wolfram|Alphaで、3つ以上の数の最大公約数を求められる。
  • 実際に求めるには、数式欄にGCD(数1,数2 …)のように入力する。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ご質問、ご意見など、お気軽にコメント欄までお寄せください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました